週刊現代の逸品で嵐山光三郎さんオススメ!八洲商事 天然南鮪セット(週刊現代の逸品7月9日発売号掲載)を通販・お取り寄せ!

垂涎の美味をお取り寄せ 週刊現代の逸品
 
週刊現代の逸品トップ > 嵐山光三郎さんオススメ!八洲商事 天然南鮪セット(週刊現代の逸品7月9日発売号掲載)
 嵐山光三郎さんオススメ!八洲商事 天然南鮪セット(週刊現代の逸品7月9日発売号掲載) の説明画像

上物の南鮪はトローリと舌の上でとける

 嵐山光三郎さんオススメ!八洲商事 天然南鮪セット(週刊現代の逸品7月9日発売号掲載) の説明画像 「鮪ほどピンからキリまである魚はないでしょう。酸味がある本鮪より、甘みがあって、トローリと舌の上でとける南鮪が私の好み」
 作家の嵐山光三郎さんをこう唸らせる南鮪は、インド洋から南アフリカのケープタウン沖にかけての海で獲れる鮪のこと。身質に甘みがあり、脂のキメの細かさが特徴だ。
 嵐山さんがその美味しさを知ったのは30年ほど前、静岡県・清水港近くの寿司屋でのことだった。清水港は、日本の遠洋鮪漁船の水揚げ量のうち、約70%を占める本場だ。なかでも上物の南鮪は、清水や東京、大阪などの高級寿司店でしか、なかなかお目にかかれないのが常識だった。そのなか、鮪を専門に扱い45年の八洲は、数年前から通販を始め、極上の南鮪を家庭で楽しめるようになったのだ。
 嵐山さんは何かめでたい会を開くときに注文するという。「大皿にドーンと盛るともう、『スゲーッ』とお客さんは大喜びです。大トロ、中トロ、赤身と、それぞれの美味しさがあって、とりわけ大トロは脂が甘く、クリームのようにとろけます」

推薦人プロフィール

嵐山光三郎
嵐山光三郎
(作家)
静岡県浜松市出身。1942年生まれ。『素人庖丁記』により、講談社エッセイ賞受賞。『悪党芭蕉』で、泉鏡花文学賞、読売文学賞を受賞。『文人悪食』『文士の舌』などのほか、『転ばぬ先の転んだ後の「徒然草」の知恵』『美妙 書斎は戦場なり』など

★お召し上がりのポイント
冷凍で送られてくるため、食べるときはパックごと冷水に10分ほど浸け、そのあと約1時間、冷蔵庫に置いて解凍する。
「中トロは脂と身のバランスがいい。赤身は鮪本来の旨みがギュッと詰まって切れ味がよく、口の中に風がふく」と嵐山さんも絶賛する。

嵐山光三郎さんオススメ!八洲商事 天然南鮪セット(週刊現代の逸品7月9日発売号掲載)の商品情報

■基本情報

商品コード 8600022
お届け内容 大トロ1枚150g以上、中トロ1枚150g以上、赤身1枚150g以上
原材料名 日本船籍の遠洋鮪延縄船で漁獲した天然南マグロ
含まれるアレルギー物質
小麦 そば 落花生 えび かに
- - - - - - -
賞味期限 発送日より7日(解凍後は2日)
保存方法 冷凍
生産者 八洲(やしま)商事株式会社
静岡県静岡市清水区宍原630-5

■お届けについて

配送形態 冷凍
配送会社 ヤマト宅急便
送料 一律860円 北海道・沖縄はプラス500円
のし情報 対応可/名入れ対応可/ギフト包装不可
その他 発泡箱にてお届け
 嵐山光三郎さんオススメ!八洲商事 天然南鮪セット(週刊現代の逸品7月9日発売号掲載) の説明画像
嵐山光三郎さんオススメ!八洲商事 天然南鮪セット(週刊現代の逸品7月9日発売号掲載)
販売価格:10,290 円(税込)
  • 誌面掲載
  • 贈答向き
数量  

人気ランキング

  • 吾左衛門鮓
  • すぐきずけ
  • 霜降り豚味噌漬け
  • 白銀
  • 水餃子
  • おとなの週末 お取り寄せ倶楽部
  • ドライフルーツマルシェ
  • おとなスタイル
 
嵐山光三郎さんオススメ!八洲商事 天然南鮪セット(週刊現代の逸品7月9日発売号掲載)の通販・お取り寄せなら週刊現代の逸品で!全国の美味を是非味わってみてください。
プライバシーマークについて
JDMAについて