週刊現代の逸品で奥山清行さんオススメ!『そば処庄司屋』 といちそば さらしなそば(週刊現代の逸品8月20日発売号掲載)を通販・お取り寄せ!

垂涎の美味をお取り寄せ 週刊現代の逸品
 
週刊現代の逸品トップ > 奥山清行さんオススメ!『そば処庄司屋』 といちそば さらしなそば(週刊現代の逸品8月20日発売号掲載)
 奥山清行さんオススメ!『そば処庄司屋』 といちそば さらしなそば(週刊現代の逸品8月20日発売号掲載) の説明画像

喉ごしなめらかな手打ちそばで夏の涼を味わう

 奥山清行さんオススメ!『そば処庄司屋』 といちそば さらしなそば(週刊現代の逸品8月20日発売号掲載) の説明画像 「店頭でそばを打つ姿につられて店に入ってみたのが、10年ほど前。欧州から戻り、再び郷里の山形を拠点に仕事を始めた頃のことです」
 世界的なカーデザイナーとして知られる奥山清行さんが、直感で入店して以来、足繁く通うのが地元・山形市の『そば処庄司屋』だ。
 慶応年間(1865〜68)に山形城の城下町に創業。現在の5代目主人は、東京・荻窪の名店『本むら庵』で修業を積んだ。主に山形産のそば粉を使い、石臼で自家製粉。そば粉10割に対し、つなぎの小麦粉1割の「といちそば」と、そばの実の中心部だけを挽いた更科粉を使う「さらしなそば」の2種類を打つ。本枯節と本醸造の醤油で作る無添加のつゆも、試行錯誤を重ねた秘伝の味だ。
 奥山さんは2種類を合盛りにして食べるのがお薦めだという。
「といちそばの喉ごしのよさと香り高さは格別。さらしなは、そばの吟醸とも言える上品な味わいです。一度で二度楽しめる合盛りは味比べもできていいですよ」

推薦人プロフィール

奥山清行
奥山清行
(工業デザイナー)
山形県山形市出身。1959年生まれ。ゼネラルモーターズ、ポルシェを経て、イタリアのピニンファリーナでカーデザイナーとして活躍後、2007年にKEN OKUYAMA DESIGNを設立。自動車を始め、家具や眼鏡などの工業デザインを手がける。

しなやかなコシに定評がある「といちそば」と透き通るような白さと繊細な味わいが身上の「さらしなそば」。
農家が家庭料理として作ったのが始まりという山形そばの素朴な味わいを大切にしながら、江戸前の洗練された技術で打ち上げる。昔ながらの製法で作る無添加のつゆが、そばの味を引き立てる。

★お届けする商品に関しまして
こちらの商品は保存料などを一切使用していないため、賞味期限は、発送日を含めて3日間となっております。必ずお届け日のご指定をお願い致します。

★お店からひとこと
創業慶応元年、約150年の歴史を誇る、山形の老舗です。
頑なに手作りを守り続け、そばつゆも化学調味料等は一切使用せずに手間暇かけて正直な仕事を続けています。

奥山清行さんオススメ!『そば処庄司屋』 といちそば さらしなそば(週刊現代の逸品8月20日発売号掲載)の商品情報

■基本情報

商品コード 8600031
お届け内容 といちそば・さらしなそば6人前(各3人前450g、つゆ付き)
原材料名 手打ちそば(そば粉、小麦粉)、そばつゆ(かつお節、昆布、醤油、砂糖、味醂)
含まれるアレルギー物質
小麦 そば 落花生 えび かに
- - - - -
賞味期限 発送日を含めて3日間
保存方法 冷蔵
生産者 (有)そば処庄司屋
山形県山形市幸町14-28

■お届けについて

配送形態 冷蔵
配送会社 ヤマト宅急便
送料 一律860円 北海道・沖縄はプラス500円
のし情報 対応可/名入れ対応可/ギフト包装可
その他 化粧箱
 奥山清行さんオススメ!『そば処庄司屋』 といちそば さらしなそば(週刊現代の逸品8月20日発売号掲載) の説明画像
奥山清行さんオススメ!『そば処庄司屋』 といちそば さらしなそば(週刊現代の逸品8月20日発売号掲載)
販売価格:4,530 円(税込)
  • 誌面掲載
数量  

人気ランキング

  • 吾左衛門鮓
  • すぐきずけ
  • 霜降り豚味噌漬け
  • 白銀
  • 水餃子
  • おとなの週末 お取り寄せ倶楽部
  • ドライフルーツマルシェ
  • おとなスタイル
 
奥山清行さんオススメ!『そば処庄司屋』 といちそば さらしなそば(週刊現代の逸品8月20日発売号掲載)の通販・お取り寄せなら週刊現代の逸品で!全国の美味を是非味わってみてください。
プライバシーマークについて
JDMAについて