週刊現代の逸品で山本一力さんオススメ!『福辰』酒盗・飯盗を通販・お取り寄せ!

垂涎の美味をお取り寄せ 週刊現代の逸品
 
週刊現代の逸品トップ > 山本一力さんオススメ!『福辰』酒盗・飯盗
 山本一力さんオススメ!『福辰』酒盗・飯盗 の説明画像

ご飯がすすむ、とろりと熟成した土佐鰹の塩辛

 山本一力さんオススメ!『福辰』酒盗・飯盗 の説明画像 「子供心に、『酒盗』という言葉の響きが面白くて、ずっと耳に残っていました。でも、美味しさに気付いたのは50歳を過ぎてから。高知に戻ったときに改めて食べて、鮮烈な香りと深い旨味の虜になりました」
 作家の山本一力さんがそう語る「酒盗」は鰹の内臓の塩辛。酒がすすむあまり「この珍味、酒を盗みおったわい」と、土佐藩12代藩主・山内豊資が名付けたという土佐名物だ。
 数ある店の中でも、大正期に創業した『福辰』が山本さんのお気に入り。地元で獲れた鰹の内臓類を、水洗いして塩をまぶし、10ヵ月間熟成させるため、旨味豊かでキレもよい。他店に先駆けて商品化した、みりんや蜂蜜などを加える「甘口」タイプが人気だ。そして、この店の探究心が生んだ、もう一つの逸品が「飯盗」。くせがない鰹の胃袋だけを使い、低塩で熟成させたマイルドな塩辛で、特にご飯に合うのだという。
「こう見えて下戸なので、『飯盗』をご飯にのせて食べることが多い。何杯でもいけますよ。

推薦人プロフィール

山本一力
山本一力
(作家)
高知県高知市出身。1948年生まれ。14歳で上京し、高校卒業後は旅行代理店勤務、コピーライターなどさまざまな職を経験。1997年に『蒼龍』で小説家としてデビュー。以後、多くの時代小説で人気を博し、2002年に『あかね空』で直木賞受賞。

飯盗も酒盗と同じく、土佐の地酒、みりん、蜂蜜、オニオン等でよりまろやかに仕上げた「味付」タイプが、食べやすいと評判。とろりとした口当たりの中の、コリッとした歯ごたえが後を引く。どちらもそのまま食べるだけでなく、炒め物などの隠し味に使ってもよい。
酒盗、飯盗ともクリームチーズとの相性もよく、一緒に食べるとコクが増す。

★お店からひとこと
熟成に約1年を要し、土佐を代表する珍味の傑作です。土佐第12代目藩主・山内豊資(やまのうち とよすけ)公が清水(土佐清水)の宿にて、酒盗を肴に酒を飲み「これはよい、これだと酒がいくらでもいける。酒をぬすみおったワィ、いまより『酒盗』と名づけたがよかろう」との逸話が今に残っています。つまり『酒盗』は『土佐の殿様のお気に入り』と言うことになります。

★お召し上がり方
酒盗・飯盗はそのままお酒の肴に、また調味料としてチャーハンなどの炒め物の隠し味や、フレンチ・イタリアンのアンチョビの代わりにご利用になれます。
飯盗はクラッカーにクリームチーズをのせてその上にトッピングをしてカナッペに!

山本一力さんオススメ!『福辰』酒盗・飯盗の商品情報

■基本情報

商品コード 8600032
お届け内容 酒盗(甘口)160g×1本、飯盗(味付)160g×2本
原材料名 酒盗・飯盗:カツオ(国産)、食塩、日本酒、みりん、砂糖、蜂蜜、水飴、香辛料、醸造酢、アミノ酸等、(原材料の一部に小麦・大豆を含む)
含まれるアレルギー物質
小麦 そば 落花生 えび かに
- - - - - -
賞味期限 酒盗・飯盗 開封前10ヶ月
保存方法 直射日光・高温・多湿を避けて保存
生産者 有限会社 福辰
高知県高知市本町3丁目1-15

■お届けについて

配送形態 常温
配送会社 ヤマト宅急便
送料 一律640円 北海道・沖縄はプラス500円
のし情報 対応可/名入れ対応可/ギフト包装可
その他 化粧箱にてお届け
 山本一力さんオススメ!『福辰』酒盗・飯盗 の説明画像
山本一力さんオススメ!『福辰』酒盗・飯盗
販売価格:3,900 円(税込)
  • 誌面掲載
数量  

人気ランキング

  • 吾左衛門鮓
  • すぐきずけ
  • 霜降り豚味噌漬け
  • 白銀
  • 水餃子
  • おとなの週末 お取り寄せ倶楽部
  • ドライフルーツマルシェ
 
山本一力さんオススメ!『福辰』酒盗・飯盗の通販・お取り寄せなら週刊現代の逸品で!全国の美味を是非味わってみてください。
プライバシーマークについて
JDMAについて