週刊現代の逸品でわたせせいぞうさんオススメ!『ふじた』ぬかみそだき(いわし、さば)を通販・お取り寄せ!

垂涎の美味をお取り寄せ 週刊現代の逸品
 
週刊現代の逸品トップ > わたせせいぞうさんオススメ!『ふじた』ぬかみそだき(いわし、さば)
 わたせせいぞうさんオススメ!『ふじた』ぬかみそだき(いわし、さば) の説明画像

熟成した糠みそが旨みたっぷりの甘辛味を生む

 わたせせいぞうさんオススメ!『ふじた』ぬかみそだき(いわし、さば) の説明画像 「三ッ星級のご飯の友です!」 と、漫画家のわたせせいぞうさんが愛してやまない「ぬかみそだき」。鰯や鯖などの青魚を漬物用の糠みそで煮る、北九州市・小倉の郷土料理だ。糠に含まれる乳酸菌の働きで日持ちがよくなると同時に、アミノ酸などの豊富な旨み成分が、深い味わいを生む。
「小倉の台所」と呼ばれる旦過市場には、自家製のぬかみそだきを売る店が並ぶが、わたせさんのお気に入りは『ふじた』の「いわし」。この店は、和食の料理人だった主人が16年前に始めた専門店だ。旬を追って日本各地から仕入れた鰯を、頭と内臓を取って砂糖、醤油、酒、みりんで煮る。頃合いを見はからい、唐辛子などを入れて熟成させた糠みそを加えてさらに7時間、骨がほろり崩れるほどに柔らかく煮上げる。絶妙の甘辛加減があとを引くと、わたせさんは言う。
「昔からあるのは『いわし』ですが、最近、地元では『さば』も人気。どちらも甲乙つけ難い美味しさです」

推薦人プロフィール

わたせせいぞう
わたせせいぞう
(漫画家・イラストレーター)
福岡県北九州市出身。1945年生まれ。早稲田大学法学部卒業。1983年に連載を始めた『ハートカクテル』で人気に。イラストレーターとしても、企業広告などを多数制作し、国内外で展覧会を開催。現在、『北のライオン』を「モーニング」で連載中。

冷たいままでも美味しいが、パックのまま湯煎にかけて温めると、一層香りが立つ。好みでしょうがなどの薬味を添えてもいい。
味を決める糠みそは、主人の家で数十年手入れを続けてきたものだ。
そもそも、ぬかみそだきは江戸時代、糠漬け好きの小倉藩主・小笠原忠真に、地元で獲れた青魚を糠みそで煮て、献上したことが始まりだとか。

身をほぐしてお茶漬けで食べてもよい。

★お店からひとこと
江戸時代から小倉地域に代々伝えられてきた伝統ある郷土料理です。旬の青魚(いわし・さば)を代々伝えれてきた家宝の熟成ぬか床を使い、長時間煮込んだもの。昔から保存食として伝えられ、現在ではご贈答用や美容にもよい発行食品として幅広く親しまれています。
旦過市場に在る本店では、店舗間口は非常に狭いのですが店頭では常にお客様が並んでいます。また、テレビ取材等も頻繁にお受けしております。

★お召し上がり方
あたためずにそのままお召し上がりください。

わたせせいぞうさんオススメ!『ふじた』ぬかみそだき(いわし、さば)の商品情報

■基本情報

商品コード 8600039
お届け内容 いわし3尾約300g、さば3切約300g
原材料名 さば(ノルウェー産)、いわし(国内産/銚子)、唐辛子、山椒の実、醤油、酒、みりん、砂糖
含まれるアレルギー物質
小麦 そば 落花生 えび かに
- - - - - -
賞味期限 製造日から31日
保存方法 冷蔵
生産者 ふじた 旦過市場店
福岡県北九州市小倉北区魚町4-1-9

■お届けについて

配送形態 冷蔵
配送会社 ヤマト宅急便
送料 一律860円 北海道・沖縄はプラス500円
のし情報 対応可/名入れ対応可/ギフト包装可
その他 ダンボール箱でお届けします
 わたせせいぞうさんオススメ!『ふじた』ぬかみそだき(いわし、さば) の説明画像
わたせせいぞうさんオススメ!『ふじた』ぬかみそだき(いわし、さば)
販売価格:2,790 円(税込)
  • 誌面掲載
数量  

人気ランキング

集計期間:5月1日〜5月29日
  • ロースハム
  • すぐきずけ
  • 霜降り豚味噌漬け
  • 白銀
  • 水餃子
  • おとなの週末 お取り寄せ倶楽部
  • ドライフルーツマルシェ
  • おとなスタイル
 
わたせせいぞうさんオススメ!『ふじた』ぬかみそだき(いわし、さば)の通販・お取り寄せなら週刊現代の逸品で!全国の美味を是非味わってみてください。
プライバシーマークについて
JDMAについて